福島ガス

お電話でのお問い合わせはこちらから

トップページ > 家庭用のお客様 > 機器紹介 > マイホーム発電 > エネファーム

マイホーム発電

エネファーム

エネファームロゴ

エネファームイメージ

エネルギーを使う家からつくる家へ

エネファームとは、「エネルギー」と「ファーム」の造語です。
水と大地から農作物をつくるように、水素と酸素から電気と熱をつくる燃料電池。
自分のエネルギーは自分でつくるという、これからのエネルギーの考え方をファームという世界観で表現しています。

ガスの成分の中にある水素と、空気中の酸素を組み合わせることにより電気を作ります
(理科の実験で行った水に電気を流すと酸素と水素に分かれる逆の原理)。
その際に発生する熱でお湯を作ります。

水素 + 酸素 = 水 + 電気

エネファームシステム

環境に大きく貢献

発電所から送られてくる電気は各家庭に届くまでに約60%前後の送電ロスがあると言われています。
エネファームなら家庭で発電するため、送電ロスがゼロで環境にとても優しくなっています。

環境に優しい

CO2削減目安

CO2削減目安

エネファームとエコウィルの違い

両方ともガスで発電して電気を作り、発生した熱でお湯を作り貯湯タンクに保存するものだが、エネファームは化学反応により、エコウィルはエンジンを動かすことによって発電するため、発電方法が違う。