福島ガス

お電話でのお問い合わせはこちらから

トップページ > 家庭用のお客様 > 機器紹介 > キッチン > 炊飯器

キッチン

炊飯器

直火匠

炊飯器直火で炊くガス炊飯器「直火匠」なら、かまどと同じ伝熱形態で、釜全体を加熱。
最高1,200度の炎で、沸騰したまま一気に炊き上げます。
ガスの強化力を生かした直火炊きだからこそ実現する「粘り、甘み、香り」が際立った、
ごはん本来のおいしさをお楽しみください。

釜全体を加熱

  • 強化力で炊く。
  • 包み込んで炊く。
  • ムラなく炊く。
  • 短時間で炊く。
直火で差が付く「包み炊き」

かまどが手本の包み炊き。強い炎でムラなく加熱します。
水分をしっかり含んだお米は、ふっくらツヤツヤです。

包み炊き解説図

従来品とのごはんの美味しさ比較

2012年7月にリンナイ(株)が行った調査結果によると、
ごはんの美味しさと関係する、お米の「粘り」「甘み」「香り」の比較では、
「直火匠」で炊いたごはんが従来品をいずれも上回る結果となりました。

従来品とのおいしさの比較グラフ

お茶碗一杯から、かまど炊きのおいしさを。

炊飯窯

ふっくらおいしい!

一人分でも、洗米後すぐにでも食べたい時に、さっとおいしいごはんが炊けます。

かんたんワンタッチ点火!

見やすく、操作しやすい、大きなボタンと文字。

うれしい省エネ!

マイコン制御で、保温時の消費電力を約23%節約。

さらにコンパクト!

コンパクトな丸型デザインで、キッチンもスッキリ。

おすすめポイント

かまど炊きの美味しさを、あなたのご家庭にも

グラフなぜ、かまど炊きは美味しいの?

「はじめチョロチョロ、中パッパッ、赤子泣いてもフタとるな。」と口伝される美味しいごはんの炊き方のコツ。
かまど炊きは、最初は釜全体を徐々に加熱し、お米に充分な水分を吸収させてから、強火で一気に沸騰させます。その後は高い温度のままゆっくりと蒸らしていきます。これで美味しいごはんが炊けるのです。

美味しさの秘訣は直火炊き

直火で加熱するので、かまどで炊いたようなふっくらとした美味しいごはんが味わえます。
また、マイコン制御のセンサーが火力を調整し、炊きムラの少ない美味しいごはんを炊きあげます。

詳しくは、メーカーホームページをご確認ください。