福島ガス

お電話でのお問い合わせはこちらから

トップページ > 業務用のお客様 > 業務用機器紹介 > ガス空調システム

業務用機器紹介

ガス空調システム

ガス吸収冷温水機(ナチュラルチラー)

ガス吸収冷温水機とは、液体が気化する時にまわりの熱を奪い、液化する時には熱を放出する原理を利用して空調を行うシステムです。水を冷媒とし、吸収液に臭化リチウ水溶液を使用するため、フロンをまったく使わないため、環境保全性が高く、電力需要低減するものとして期待されています。

ナチュラルチラー

GHP(ガスヒーポン)

一般に、液体が蒸発する時には周囲の熱を奪い、気体が凝縮する時には熱を発生します。
この性質を利用して、冷媒をコンプレッサで圧縮し、機械的に蒸発と凝縮を繰り返すことで冷暖房を行うしくみが「圧縮式ヒートポンプサイクル」。とくにコンプレッサをガスエンジンで動かすものをGHP(ガスエンジンヒートポンプ→ガスヒーポン)といいます。
省エネ性にも優れ、地球温暖化の主因である二酸化炭素の排出削減に貢献します。

GHP(ガスヒーポン)のしくみ

GHP(ガスヒーポン)のしくみ<

室外ユニット内にあるコンプレッサーをガスエンジンで駆動し、ヒートポンプによって冷暖房を行います。

【冷房の原理】腕にアルコールを付けると、アルコールが蒸発する時にひんやりします。この液体が気化すると周囲の熱を奪う性質を利用して冷房を行います。

【暖房の原理】沸騰したヤカンの蒸気に手を近づけると、暖かく感じます。これは高温の蒸気が低温の手に触れて気体が液体に変わる時、手に熱を放出したためです。気体が凝縮して液化する際に熱を発生する性質を利用して暖房を行います。