福島ガス

お電話でのお問い合わせはこちらから

トップページ > 業務用のお客様 > 業務用機器紹介 > コージェネレーションシステム

業務用機器紹介

コージェネレーションシステム

ガスコージェネレーションシステムとは、都市ガスを燃料としてタービンやエンジンで発電し、それと同時に発生する排熱を給湯、暖房、冷房などに利用するシステムです。高い環境性能と経済性を両立させることができます。

コージェネレーションの特徴

分散型発電は究極の節電対策です。

従来のような大規模集中型の発電から、コージェネレーションによる分散型発電にすることで、
発電ロス・送電ロスを減らして、省エネルギーに貢献できます。

分散型発電

豊富なシステムでエネルギーと廃熱を最大限に活用できます。

コージェネレーションで発電するときにできた廃熱は、「蒸気」「給湯」「空調」などに利用することができ、
エネルギーを余すことなく使えるため効率的です。

解説図

停電時も電力を使え、電源セキュリティが向上します。

万が一、停電になった場合もコージェネレーションにより、ガス供給が継続されている限り、
重要負荷へ長時間、安定した電力を供給できます
※停電時に起動できる設計が必要です。

解説図